スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新少林寺/SHAOLIN

あーみーとぉーふぉー(阿弥陀仏)!
久しぶりの更新です~

先週末、小学5年生の息子と二人で「新少林寺/SHAOLIN」を観に行きました。

アンディ
久しぶりに大スクリーンでカンフー映画を観ることが出来るということで、かなりテンション高め!

テンション普通な息子に、少林寺とはなんぞや等と語りながら映画館に行ってきました!

構え01
で感想なんですが、アクション盛りだくさん!
物語のテーマである「執着を捨て、縁を大切に生きよう」っていう所もツボで、すげー面白かったですよ~!

アンディ・ラウ演じる主人公、候杰(こうけつ)は最初とても傲慢な権力者でして、命乞いする敵の将軍を無慈悲に殺したり、義兄弟の契りを交わした仲間を暗殺しようとたくらんだり、少林寺の看板に落書きしたり。

本当に感じ悪い奴だったんですが、部下のニコラス・ツェー演じる腹心の部下、曹蛮(そうばん)に裏切られて、最愛の娘を死なせてしまうんですな。

この裏切りシーンのアクションがすごく派手で良かったですね~。
娘役がまた可愛くてね~。
亡くなったシーンは号泣でした…。

その後、奥さんにも去られて、絶望する主人公ですが、ジャッキー・チェン演じる少林寺の厨房係、悟道(ごどう)と出会い、救われて、少林寺に入門する事を決意します…。

練習
出てくる役者さんたち全てが魅力的でした!
少林寺の師兄たちも、みんな格好いいアクションと個性で魅せられましたね~!
悪役のニコラス・ツェーも文句なしの格好良さ。
アンディ・ラウもこの人もアクション俳優なみに動きますね!
中国の俳優って、みんなカンフーできるの!?

ジャッキー
そして、みんな大好きジャッキー・チェンですが、今回は武術が出来ない厨房係の役でしたが、コミカルなアクションでさすがの存在感を見せつけてました!

テンション普通めの息子も興奮してました。

アクション好きな人や、「俺に構わず先に行け」系のドラマ好きな人。
今、生き方に迷いがある人に大お薦めの一本です!
スポンサーサイト

ある日どこかで宇宙戦艦

ヤマト

足がつるほど似てないキムタクはさておき、ヤマトは子供の頃よく描いていたので、今回はその頃の記憶を頼りに資料を見ずに描いてみました。
子供のころはもうちょっと、魚雷をちゃんと描いたり、艦橋の窓の数もキチンと描いたりしてましたが、さすがに記憶から引っ張り出せませんでした。

で、先々週の末に子供達と実写版を観てきました。
感想はですね・・・「あぁ・・・俺ってヤマトが好きだったんだなぁ・・・・(号泣しながら)」
ヤマトの戦闘シーン少ないとか、ワープの最中に子作りすんナとか、色々ツッコミたくなる部分はあるにはあるのですが、そんなことはね。
そんな事はどうでもいいんです。

名のあるみなさんが、一生懸命ヤマトのキャラクターを演じてくれていました。
もうそれだけでお腹いっぱい。胸いっぱい。

ギバちゃんの、いつもよりちょいと真田さん風な演技は最高でした。

池内博之の斎藤、素晴らしかったです。もうお守りのシーンから泣かせてもらいました。

緒方直人の島は、ちゃんとキムタクの親友に見えました。

佐渡先生が女性だって良いじゃないか!
高島礼子だったら、あんな誤診はしないでしょう。

相原も女性になっていたけど、違和感無し!それよりも太田はどこいった

徳川機関長も沖田艦長もさすがベテラン、良い味出てました。

チョイ役ですが古代守も良いですね?。
あんたなら確かにスターシャも惚れてまうやろ?!

ブラックタイガー隊の面々も良い散り様でした。

そして古代進。
決してアニメの古代進ではなかったけど、これはこれで良いんじゃないでしょうか。
ハウルの動く城以外ではこの人のドラマとか映画とか観た事なかったんですが、存在感ありますねー。
子供たちも楽しんでいたようなので、そのうちアニメの方も見せたいですね!

ヤマトを観に行った時にある日どこかでのリバイバル上映がある事を知り、そちらも観てきました。

本当に好きな映画でいつかは映画館で観たいなーと思っていたので、ものすごく嬉しかったなぁ。
DVDなんかで何度も何度も観ている映画なのですが、改めて映画館で観ると、いくつも新しい発見がありました。
やはり映画は映画館で観るのが一番だな?と改めて思った今日この頃。

アーノルド坊やは人気者だった

アーノルド坊や中

80年代に流行っていた海外ドラマ「アーノルド坊やは人気者」のアーノルド坊やことゲーリー・コールマンが亡くなりました。

北海道ではSTVにて日曜日の朝8時に放送されていて、さらに平日5時半から繰り返し再放送が行われていたため道産子にはなじみが深いドラマでした。
ただ東京の方では放送されていなかったらしく、東京で勤めていた時代全然話が通じなかった思い出があります。

私はこのドラマが大好きで、日曜の本放送も平日の再放送も観まくっていました。
学校で友達と「アーノルド坊やは愚か者」というマンガを描いていたくらい好きでした。
内容はアーノルド・シュワルツェネッガー坊や(↓下のイラストのキャラ)がドラモンド一家とシュールな生活を送るだけのつまらない物でしたが。
アーノルド・シュワルツネッガー中

ドラマ終了後、今回亡くなったゲーリー・コールマンを始め主演の子役たち三人は皆不幸な人生を歩んでしまっている事で有名ですね・・・特にキンバリー・・・・(涙)。

ところでこの当時の夕方5時から6時までの時間帯。
5:00?5:30.・・・HTBで「ザンボット3」や「ガンダム」などロボットアニメの再放送。
5:30?6:00・・・「ルパン3世」「トムとジェリー」「アーノルド坊やは人気者」の再放送のヘビーローテーションで、私にとってはこの時間こそがゴールデンタイムでした。

友人と遊んだり部活でがんばったりと貴重な学生時代の夕方のはずなんですが、ずいぶんとテレビの前にかじりついてたな。

にほんブログ村 イラストブログへ



↑ランキングに参加してます
よろしければクリックお願いいたします

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

ガンダムワールドin札幌

RX78-2_20100504230319.jpg

札幌ファクトリーで「ガンダムワールドin札幌」という催し物があって、家族で観に行きました。
1/1のガンダムの胸像を始め、1/10のガンダム、OOガンダム、ユニコーンガンダム、ガンダムエクシア、Zガンダムが飾られていたり、ガンプラの展示などもされていて、とてもとても楽しめました!
Z.jpg
ファクトリーのアトリウムがコロニー内っぽくてなかなか雰囲気がありますなぁ。

oo.jpg
OOガンダムはほぼリアルタイムで夫婦で楽しんだガンダムです。この夏の映画公開がとても楽しみ。

UC_20100504230355.jpg
母さんの一番のお気に入り「ユニコーンガンダム」。
発光ギミックもついていて、まったくほれぼれするような格好良さ。

そして1/1ガンダム
1-1_2.jpg
なんか思ったよりも小さい印象。
比較対象物が無かったので、以前描いた「バルサ・ミコス」をおいてみました。

会場にはコクピットのセットも置いてあって、乗った状態で撮影することができました。
コクピット
正直激しく燃えました。
ナントカ家、いきまーす!!

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドラマ「新参者」

久しぶりの更新になります・・・・。
もう不定期更新なんてもんじゃないですね。ナントカしなければ。

公私ともに忙しく、ここ2,3日札幌市内を西へ東へ走り回っているような気がします。
実家の近くにも久しぶりに行ったのですが、近所のコンビニが3軒なくなっていてびっくり。
やはり不景気なのか・・・。

さて話は変わりますが、昨日からTBS系で東野圭吾さん原作のドラマ「新参者」が始まりましたね。

以前の記事で書いたのですが夫婦揃って東野圭吾ファン。
さらに今回の「新参者」は個人的に思い入れがある舞台、そして好きな話だったのでとても楽しみにしていたドラマでした。

いや?面白かった。
主人公の加賀刑事を演じる阿部寛さんを始め、香川照之さん、原田美枝子さん、そして圧巻だった市原悦子さんらの演技がもうすごくてね、キャラクターがみんな生きてる感じがとても良かったです。
ドラマにするにあたって色々工夫しているようで、そこも非常にうまくいっていると思いました。

なんとなくテレビ局の「泣けるサスペンス」といううたい文句が若干気に入らないのですが、実際良い話で感動しました。
家族の絆が「新参者」のテーマだと思っているのですが、家族が多いナントカ家の家長としては色々思うところもあります。
やっぱりこの話、好きだな。うん。
正直原作で先の話を知っている自分は、原田美枝子さん演じる峯子が殺される時に見る走馬灯のシーンで既に泣きそうになりましたよ。

小説未読のナントカ家の母さんにネタばれしないように黙っているのが辛いのですが、これから先も楽しめそうなドラマに出会えてとても幸せです!

次回の予告編を見ると寺島進さんと夏川結衣さんという、これまた芸達者なゲストが出るっぽいです。夏川さんと阿部さんの共演というと、名作「歩いても歩いても」を思い出しますね。
来週もとても楽しみです。

今回のイラストは新参者にちなんで阿部寛さんです。
あいかわらず似てない似顔絵なので「記憶を頼りに描きました」とか「自分タッチにアレンジしました」とか言い訳を考えている自分がむなしいのでホントの事言います。

ちゃんとネットで写真を見つけて見ながら描きました!


くぅ?、似顔絵うまくなりてぇ?!!

abechan.jpg

孔雀王でユン・ピョウと共演していた時は、こんなにすごい役者さんになるとは思いませんでした。
↓追記に拍手コメントいただいた方への返答を入れています!
にほんブログ村 イラストブログへ



↑ランキングに参加してます
よろしければクリックお願いいたします


続きを読む

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ナントカ家の父さん

Author:ナントカ家の父さん
ナントカ家のブログへようこそ!

このblogの画像文章等の転載はご遠慮ください
リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
902位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
リンク
2010.2.1 リンクにハナミンBLOGさんを追加しました。 2010.2.11 リンクに美味しいは正義 己さんを追加しました。 2010.2.12 リンクに稀有な杞憂さんを追加しました。 2010.2.12 リンクにDANDYBEARさんを追加しました。 2010.4.1 リンクにアッシュの爆睡日記さんを追加しました。
検索フォーム
pixiv
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。